posレジの価格はタイプの違いによって決まる

POS便利情報

導入するべき機種を決める

レジスター

posレジの種類

小売店や飲食店で売上を計算する際に便利なのがposレジですが、導入には費用が必要になります。
もしposレジを導入したいと考えているのであれば、まず機種を知ることから始めましょう。
・pos専用の機器
・多機能のタブレット型
・タブレットを使う機種
以上の機種があります。

それぞれの相場

導入を依頼する会社によっても変わってきますが、価格の相場というものはある程度決まっています。
pos専用の機器は50万円以下のものはあまりみかけません。それに対してタブレット型だと10万円前後で導入することができます。
また、中間型だと30万円から50万円の間で相場が変動してきます。

それ以外にかかる費用の内訳

上記のものはあくまでもレジや機器の価格です。導入のためにはさらに様々なシステムやサービスを利用する必要があります。
システムから導入する場合だと120万円、月々で1万円程度の費用がかかってくるため、継続的な利用を考えるなら予算を突き合わせる必要があります。

機能も考える

価格だけでいうと、タブレット型を導入した方が安いことが分かります。しかし、お店によってposの種類は選ぶようにしましょう。
タブレット型だと機能が限られていて、導入するにはシステムを追加購入するケースもあり、それならば最初から多機能なものを導入していた方が良いということもあるのです。

軽減税率対応もできる

新しい機能にも注目しましょう。税制が変化した場合はその対応に追われることがあり、導入が検討されていた軽減税率に対応しているposも登場しています。
8%と10%両方の税率計算にスムーズに対応できるように検討する必要があります。

広告募集中